赤城神社主婦失踪事件の真相を解明してみたい

By | 2015年12月2日

事件の概要

長くなるのでいくつかのブロックに分けて説明してみる。

何が起きたのか

1998年5月3日、千葉県白井市在住の主婦である志塚法子さんは赤城神社(郡馬県宮城村)にお参りへ訪れた。同行したのは夫・娘・孫・叔父・叔母・義母の6人。その日は朝から雲行きが怪しく赤城神社に到着するころには土砂降りの雨だった。時間は午前11時半。

仕方なく参拝に行くのは夫と叔父だけにして、あとのメンバーは駐車場に停めた車の中で待機することに。それからしばらくして法子さんは「私も賽銭をあげてくる」と家族に告げた。財布から100円玉1枚と1円玉1枚を取り出し車を降りる。時間は午後12時。

法子さんの格好はピンク色のシャツと黒いスカート、そして赤い傘を差しており目立つ姿だった。車を降りて1人で境内へと向かったはずだが、境内とは別の方向に佇む法子さんを車内に残っていた娘が目撃している。駐車場からは100mほど離れた場所だった。「なにをしているんだろう」と不思議に思いながらも、目を離したほんの数十秒のあいだに法子さんの姿は無くなっていた。

それ以降、法子さんが家族の前に姿を現すことはなかった。

法子さん失踪

参拝から帰ってきた夫と祖父に事情を説明するも法子さんとは合流していないと言う。境内に向かったのであればどこかで必ずすれ違うはずだった。戻ってくる様子がなかったため心配した家族は周囲を探すが、法子さんの姿はどこにもなかった。群馬県警へ通報。

その日から10日間で延べ100人の警察と消防団が捜索を開始したがついに法子さんは発見されなかった。

赤城神社は観光客が多く、事件当日はゴールデンウィーク期間中だったこともあって沢山の人で溢れていた。だが不審な人物を見かけた人はおらず、物音を聞いた人もいなかった。その後、群馬県警には20件程度の情報提供が寄せられたが、どれも手がかりとなるものはなかった。

失踪してから10年がたった2008年に、法子さんの顔写真を掲載した捜索チラシ500枚が配布されたが、情報提供の呼びかけもむなしく2008年6月に失踪宣告が出された。法子さん捜索は打ち切られ事件は迷宮入りに。

無言電話

法子さん失踪後に自宅へ数回無言電話がかかってきている。局番は大阪と米子。それ以上の情報はなし。たんなるイタズラ電話?

奇跡の扉 TVのチカラ ~ホームビデオ~

失踪から7ヵ月後、家族はテレビ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」に出演し情報提供を求めた。この番組はテレビを通じて未解決事件の情報を呼びかける生放送番組。行方不明者の捜索依頼や、記憶喪失者が自分の身元の情報を呼びかけることも。番組終了までに取り上げた事件事故は138件、そのうち58件を解決に導いた。この時代はこーいう番組が結構あった。今だと不謹慎だとかなんとかですぐに非難を浴びそうだ。話が逸れた。

失踪当日に観光客が撮影していたホームビデオが番組に提供された。そこにはピンクのシャツを着て赤い傘を持っている女性が映っていた。法子さんの恰好とほぼ同じだったが、映像を家族が確認すると別人とのこと。

さらに画面の右下にも傘を持った人影が小さく映っていた。映像解析の結果、傘の色は赤で髪の長さも法子さんとほぼ同じだったことが判明。だがそれ以上の情報は得られず、進展は無し。

奇跡の扉 TVのチカラ ~自称超能力者~

アメリカで透視操作を行うゲイル・セントジョーンに捜索を依頼。いわゆる超能力者ってやつ。個人的にそーいう類にものはあまり信用していない。まとめるのも面倒。とりあえず箇条書きにしておこう。

  1. 境内へ向かう途中で若い男性に「手をかしてほしい」を声をかけられた
  2. ついていくと中年男性が倒れている(娘が法子さんの姿を目撃したのはこのとき)
  3. 若い男性と一緒に中年男性を車まで運ぶ
  4. 車の前で殴られ拉致される
  5. アジトに連れていかれ暴行を受ける
  6. 翌日の夜に赤城神社で解放
  7. 意識が朦朧のなか歩いているうちに崖から転落して死亡した

ゲイルさんの透視結果はこんな感じ。いろいろ突っ込みどころがあるけど後述。もちろんこれで事件解決することはなく進展はなし。

事件の真相について考えてみよう

法子さんは自ら失踪した?

一説では法子さんが自分の意思で失踪したのではないかと言われている。さらに他の男性と駆け落ちしたとのうわさまで。

個人的な見解としては、それはないと思う。

失踪する理由がなんにせよ、わざわざ家族一緒に行動しているときにするものではないだろう。タイミングがおかしすぎる。それに失踪前に賽銭用として101円だけを持って出ていっているが、失踪するつもりなら普通は財布ごと持っていくだろう。神社に財布を持っていったからって家族に怪しまれるわけでもないし。服装だってなるべく目立たないように地味な色にする。

たしかにこれだけ探して何の手がかりもないとなれば、意図的に隠れているのではと考えるのも当然か。それにしても状況から考えると不自然だし、テレビ放送によって全国中で探されているとなれば生活もしづらいだろう。

遺体も見つからないだけに自主失踪の線もゼロではない。けど、納得はできない。これ以上考えても答えは出ないのでここまで。

事故にまきこまれた?

事故によって命を落としもうこの世には存在しない可能性はあるのだろうか。交通事故など人為的な事故であれば明るみに出ているはずなので考えない。あるとすれば1人のときに崖などから足を踏み外して転落してしまった場合。もちろん目撃者もいない状況で。

参道は山道だがきちんと整備されており危険な場所とはほど遠い。道に迷う心配もないような場所だ。ゲイルさんが言うように意識朦朧とさまよっていたならともかく、正常な状態なら安心安全。失踪当日は人通りも多いので、無意識に人目を避けるのは難しかったはず。

目撃者がいない事と遺体が見つかっていない事を踏まえると事故というのはちょっと考えづらい線だ。

ゲイルさんの言うように拉致事件だった?

何度も言うように失踪当日はゴールデンウィークということもあり沢山の人間が周囲を歩いている。よりにもよってそんな日に偶然この場所を訪れた法子さんを拉致する目的は一体なんだったのか。

金銭目的で目をつけられたのなら金目の物の持っていないと分かった時点でその場で解放されるのでは。そのためだけに拉致するのはリスクが大きすぎる。

身代金目的の誘拐だったのだろうか。失踪後に無言電話もかかってきている。もしかしたら、それが犯人からの要求を知らせるための電話だったとも考えられる。しかしその後になんの音沙汰もないのでイタズラの可能性が濃厚。

殺害目的で法子さんの命を狙っていたという線はどうだろう。家族が近くにいるにも拘わらずこの日に犯行へと踏み切った理由が思いつかない。殺害するほど恨みを持っているほどの人物であれば家族の誰かと顔見知りかもしれない。顔を見られたら一発でバレてしまう。それにその手の動機は警察が真っ先に調べ上げるだろう。

ゲイルさんは犯人の目的は金銭でも殺害でもなく暴行目的だったと言っている。失礼な話だが法子さんは当時48歳。う~ん、どうだろう。もちろん世の中にはいろんな人がいる。人それぞれ趣好もあるだろう。絶対ないとは言えないけど。う~~~んって感じ。

結局どうなの

改めて考えてみるとゲイルさんの線が一番ありえる?自主失踪でも事故でもなかったとしたら考えられるのは事件だ。事件に巻き込まれる可能性として最も考えられるのは暴行目的。となればゲイルさんが言っているのが正解なのか?

透視捜査という言葉が怪しすぎてあまり信じたくない。あくまで否定できる確証がないってだけで、状況から矛盾点が出ないように辻褄を合わせた創作話だ。まぁ俺の意見全てが創作なんだけど。

結局のところよく分からん。遺体が見つかれば全て解決しそうだけど。これだけ探して遺体が見つからないってことはやっぱり事件に巻き込まれたのだろう。なんの真相解明もしてないけどここまで。新しい手掛かりが見つかればまた再考してみたい。

赤城山で頭蓋骨発見

2012年8月に赤城山の国有林で人間の頭蓋骨が発見された。司法解剖の結果20~30代の女性と判明した。さらに1年から数年経過していると見られている。赤城神社主婦失踪事件との関連性は低そうだ。

16 thoughts on “赤城神社主婦失踪事件の真相を解明してみたい

  1. おふりん

    私はあらほーですが、先日変態におそわれかけました。
    で、ちょっと調べた所、性犯罪者の選ぶ基準は、若いとか好みのタイプとかより、第一に、警察に届けなそうである、というものになるそうです。
    暴行がどこまでのものかわかりませんが、性的なもののみで無傷であれば
    おばちゃんおそわれたってほんとかい?って誰もが思うわけですからね。
    高畑の被害者も誰にも信じられずにつつもたせなんて言われてますし。
    というわけで、相手がおばちゃんだから、性的暴行がありえない、というもんでもないんですよー。

    Reply
  2. んがぽこ

    しかし・・・なんで100円じゃなく101円なんだろうね。
    ま、神隠しなんて非科学的なものはありえないわけだから、大雨降ってたってのもあるから何らかの理由で足元が不安定な場所に行き滑り落ちた。警察らの捜索の前に正体不明のもの(人物・動物)が怪我してるか亡くなってるかはわからんが動けないこの女性を何らかの理由で移動した。ってところかなぁ。
    境内に人もいただろうから、目撃情報がないことから大きな音がする動き、時間がかかる動き、不自然な動き、目立つ動きはしてないだろうからね。

    Reply
  3. Kage

    こんにちは
    群馬に住んでいて趣味でこの事件を調べているものです。
    あくまでも個人的な意見です。
    崖から転倒して死亡するのは、事故発生の赤城神社近辺だとすごく考えにくいです。
    誘拐の線も人の量を考えると可能性は低いです。
    少し個人的に気がかりなのがお賽銭の101円です。
    101円の持つお賽銭の意味は、決意、物事の始まりの時にお供えするようです。

    最後に法子さんが娘さんによって確認された位置というのきっと赤城神社本堂の階段を登る手前にある左側に入った山道だと思われます。確かにものの数十秒山道を歩けば駐車場から目視確認できなくなります。
    その山道を直進すると森の中へ続き途中で終わっているようです。(後日実際に確認しにいく予定)
    進展があり次第またご連絡いたします。

    Reply
  4. 1は縁起いいから111とか101とかよく入れる

    拉致だろなどう考えても

    Reply
  5. テレビの力でこの事件も見ておりました!
    確かに年齢が上でも性犯罪で狙われる場合もあるのですが、
    失踪者の方は「ピンクのTシャツに赤い傘」という、かなり目立つ格好で
    さらに失礼ながら華奢なタイプではなくけっこう体格の良い(小太り)女性ですよね。
    犯人が欧米人なら気にならないかも知れませんが…。

    気になるのは透視通りに犯人は男2人だったとしても
    雨降りとはいえ赤にピンクという目立つ色+暴れたら手こずりそうな体格の方をわざわざ狙うと思うかな?って…。
    熟女好きにせよ、いざとなったら抱えて連れ去れそうなくらい細身だったり、
    遠くから目撃されても目立たない服装など、もうちょっと狙いやすそうな女性を選びそうな気もします。
    失礼ながら体重の重そうな女性に抵抗されたら男2人でも面倒じゃないでしょうか。

    かと言っても自ら失踪も難しそうですよね…。
    どうやら地元では自分の意思でふっと家出(駆け落ち?)したとの噂があるようですが
    少なくても当時の状況としては難しいものがありますよね。
    うーん、本当に真相が知りたいです。
    私も透視とかあまり信じていませんが状況としては消去法で透視結果の線が一番近いんでしょうかね。
    あまり信じていませんが…。

    Reply
  6. メレス

    やはり拉致でしょうね。しかし赤城神社には戻されない。犯人は知らない男2-3人。目的は暴行。ご冥福をお祈りします。

    Reply
  7. 剛神

    無言電話が何度か掛かってきたみたいだけど、本人のような気がする。

    Reply
  8. 耳栓

    犯人は男2人という透視が意味するものは、
    先に参拝に行った夫と叔父の犯行でしょう。。

    口裏合わせをしているとか、なにか家族ぐるみの計画的な感じがする。

    Reply
  9. ザンパンマン

    駆け落ちでしょう。わざわざ家族と遺書の時にいなくなれば駆け落ちと思わないと記事でも書いてるわけだし、相手の裏書くのは当たり前。駆け落ち相手が用意したレインコートでも羽織ればピンクのシャツや赤い傘を目持するし探していた家族の目を欺けるし、50歳近い主婦ならへそくりが数百万ぐらいあっても不思議はない。
    迎えに来た駆け落ち相手と茨城に準備しておいた通帳などもって関西へ駆け落ち、時々孫の声でも聞きたくなって無言電話かけてきたってところでしょ。

    Reply
  10. 匿名

    仮に失踪としても行政との関係で足がつくので
    ないか?保険に税金など駆け落ちしてからの生
    活は面倒くさくならないか?
    オウムの女性信者がまるで別人のように成り果て
    ていたのを思い出したが、たしかにそんな手続き
    と無縁で十数年も暮らしていた人もいる。とはい
    うものの、刑事事件で追われているわけでもない
    一般人で仮にへそくりを百万単位で所有していた
    としてももたないだろう。へそくり用の通帳など
    を隠し持って表向きは小銭をとって下車。それか
    ら一目散に駆け落ち相手の待つところへ向かった
    というのが、局地的には成り立ちそうだが中長期
    的には厳しい生活が待っていそう。
    駆け落ちをして悠悠自適に暮らせるとは考えづら
    い。駆け落ちであれ何であれ、誰かにこの神社で
    秘密に会う予定があったために、家族には不自然
    な方向に向かう彼女が見えたのみならず、すぐに
    視界からも消えてしまった。
    偶然、おばさんに欲情する変質者に拉致暴行され
    てしまったよりも、単に駆け落ちするための芝居
    が 101円のお賽銭ってことでもないのでは?
    自発的に家族の目を盗んで消えて、問題を解決で
    きずに殺害されたのかな?
    駆け落ち失踪で何とか暮らせているが家族の声も
    聞きたいから無言電話というのはいかにもありそ
    うだが、繰り返すが駆け落ち失踪で健康保険など
    の手続きとか、やばくない?

    頭蓋骨発見の方がミステリー?

    Reply
  11. Q

    失踪当時の携帯電話の普及率を考えてみると
    同年代の主婦層ではそろそろ今まで持っていなかった人も持ち始めた頃で
    それでもまだ持っていない人もたくさんいた時期です
    101円のうち1円をお賽銭、100円を公衆電話で通話する為と仮定すると
    先発の参拝者お二人とは別に、遅れて出発した意味も出てきます
    近くで待ち合わせた方が居て、そちらが携帯で受けたとすると
    自発的に出た可能性もありますね

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。