田畑作之介ちゃんひき逃げ連れ去り事件の真相を解明してみたい

By | 2015年12月3日

事件の概要

1978年3月3日午後4時半頃、大阪市住之江区で田畑作之介ちゃんが失踪した。作之介ちゃんは当時3歳で自宅近くの道路で近所に住む5歳の男児と遊んでいたところ、走ってきた自動車にはねられた。

作之介ちゃんは顔から血を流しぐったりとしていたそうだ。車を運転していた中年男性は「どこの子やろ?救急車を待っている時間がないので自分でこの子を病院に連れていく」と言い残し、作之介ちゃんを車に乗せて走り去った。

一緒に遊んでいた男児はすぐに田畑さんの家に駆け込み、母親に事情を説明。母親と男児が急いで事故現場に戻るも犯人は走り去ったあとだ。母親は近くの病院に問い合わせたが、どこの病院にも作之介ちゃんは運び込まれていなかった。

不審に思った母親は警察に通報。次の日になっても犯人から連絡がないことから警察は誘拐事件と断定して捜査を開始した。目撃証言からモンタージュ写真を作成し情報を呼びかけた。

しかし作之介ちゃんを発見できないまま事件から5年後の1983年3月3日に業務上過失致死及び略取誘拐罪などの時効が成立した。これは車で轢かれた時はまだ生きていたと考えられることから殺人罪には問われていない。

仮にけが人を連れ去り治療を放棄して死なせたのであれば殺人罪が適用されるが、それでも15年後の1993年には時効が成立していらことになる。

目撃者の証言

事件発生は夕方で人通りの多い時間帯だったため多数の目撃者がいた。その証言によると犯人の特徴は以下のようになる。

  1. 40歳前後の中年男性
  2. スーツ姿ではない(Tシャツ?作業着?なぜか曖昧)
  3. 車は白いカローラ
  4. 南の方角へ走り去った

現場路面にブレーキの痕はなかった。作之介ちゃんをはねた後も車は数十メートルほど走っていたことになる。

今ではいたるところに防犯カメラが設置されていて犯人の手がかりも簡単に見つかるが、当時はまだ不十分。目撃情報からもナンバープレートの判明には辿り着かなかったため、犯人の車は特定できなかった。

真相について考えてみよう

現場にブレーキ痕が無かったことからよそ見運転による前方不注意だったと考えられる。

犯人に助ける意思はあった?

そのまま走り去らずに車から降りたということは、この時はまだ助ける意思があったのかもしれない。しかし、作之介ちゃんの容態を見て助からないことが分かり、捕まるのが怖くて病院に連れて行かずに逃げたのだろうか。

いや、本当に助けたい意思があれば救急車を呼ぶか周囲に助けを求めるはず。となれば最初から証拠隠滅のために車から降りて作之介ちゃんの元へ駆け寄ったと考えるほうが自然か。「自分で病院に連れていく」と言い残したのも、警察や救急車を呼ぶまでの時間を空ける目的だったのかもしれない。

事故現場の交通事情

事故現場から阪神高速15号堺線を挟んで田畑家が立地していた。帰宅ラッシュによって渋滞する高速道路を避けて下道を通る車もある。事件当時、阪神高速15号堺線は開通したばかりで通行料を嫌がる人もいただろう。急いで帰ろうとスピードを出す車が多いのもこの時間帯だ。

作之介ちゃんを轢いた車もその中の一台だったのかもしれません。

犯人はどうしていれば良かった?

暗くなり始める時間帯に3歳の子供が道路で遊んでいたとなれば、運転手からすると想定外の状況に陥ることもある。住宅のある一般道路ではスピードを落として安全確認を心がけて走るのは当然だが、仕事帰りとなれば注意力が鈍るのも分かる(犯人が仕事帰りだったかは知らないけど)。

せめて救急車を呼んで適切な処置をしていれば最悪の状況は免れたかもしれないと考えると心苦しい。なぜ犯人は作之介ちゃんを連れ去ってしまったのか。逮捕への恐怖が犯人を悪の道へと引きずり込んでしまったのか。

時効が成立した今となっては犯人を法で裁くことはできない。40年も前の事件なので犯人が40歳前後の男性だったことを考えるともう生存していないかもしれない。犯人は事件後どのような人生を歩んだのだろうか。警察からは逃げきれたけれどわずかな良心が残っていれば罪の意識からは逃げられなかったはず、そう思いたい。

2 thoughts on “田畑作之介ちゃんひき逃げ連れ去り事件の真相を解明してみたい

  1. 心が痛い

    亡き父の同僚のお子さんです。お父様はこの後、ショックでろくに働けなかったと聞きました。
    早く見つかって欲しい、捕まって欲しいと、父はずっと言っていましたよ。時効なんて、本当に悔しい思いです。

    Reply
  2. 田中一郎

    >事件から5年後の1983年3月3日に業務上過失致死及び略取誘拐罪などの時効が成立した。

    これだけの重罪を犯しておきながら、時効までたったの5年とは・・・・短すぎると思う。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。